目の下のたるみ取り

メス不要のたるみ取り
レーザーで目の下の余分な脂肪を除去し、たるみ・膨らみを解消
治療時間は約30分と短時間
ダウンタイムは最小限
治療痕が残らない
下まぶたの内側からアプローチするので皮膚は傷付けず傷跡は残りません
得られた効果は半永久的
目の下の余分な脂肪を取り除いてしまう治療なので、再発は無く得られた効果は半永久的です
クマも改善され明るい目元に
目の下のたるみ・膨らみに起因するクマや老けた印象・疲れた印象も解消でき、スッキリ明るい目元に改善

目の下の眼窩脂肪を除去し、たるみを解消する治療「経結膜脂肪除去」

加齢とともにどんどん目の下が膨らんできて、たるみが現れる場合があります。さらに、たるみが悪化するとそこに影ができ老化が強調され、またどんよりと疲れた印象も与えます。
このような目の下のたるみは「経結膜脂肪除去」によって解消することができます。「経結膜脂肪除去」とは、下まぶたの膨らみの原因である余分な脂肪をレーザーによって除去する治療法です。
メスを使用しないため、約30分と短時間で治療でき、ダウンタイムも最小限に抑えることができます。また下まぶたの内側からアプローチする方法なので皮膚を傷つけることはありません。


適応-このような方にオススメです-

  • 年齢とともに目の下が膨らんできて、たるんでしまった。
  • 生まれつき、目の下が膨らんでいてどうにかしたい
  • 目の下のたるみのせいでクマもひどく、疲れて暗い印象が気になる。
  • メスを使った治療は怖い・好まない
  • 一度の治療で解消したい・半永久的な効果が希望

目の下のたるみの原因

目の下のたるみの原因は、皮膚や眼輪筋の老化により眼球の重みを支えきれなくなった下眼瞼の眼窩脂肪(がんかしぼう=下まぶたの脂肪)が前方に押し出されてしまうことによります。下まぶたの皮膚はとても薄く、簡単に突出してしまうため、たるみが生じます。また生まれつき眼窩脂肪が多い方もいます。レーザーによって眼窩脂肪を取り除くことで、膨らみは無くなりたるみは解消されます。

施術について

【1】施術前に除去する脂肪の量や部位を診断

まずはカウンセリングにて医師が患者様のお悩みやご都合などをしっかり把握するためにお話を伺います。施術内容やアフターケアについてご説明いたしますので、ご不安な点やご不明な点があればお伺いください。施術内容などをご理解いただいた後は、患者様ごとに脂肪の付き方・たるみの重症度を診断しデザインをしていきます。

【2】炭酸ガスレーザーで内側から最小限の切開

麻酔がよく効くまで時間をおき、施術を開始します。施術時間は約30分です。
まずは炭酸ガス(CO2)レーザーで、下まぶたをめくって内側から粘膜(結膜)を最小限切開します。メスで切開するのとは違いレーザーによる切開は出血がほとんどないのが特徴です。

【3】余分な眼窩脂肪を除去

さらに瞼板筋と眼窩隔膜を最小限切開して眼窩内脂肪を押し出して、余分な脂肪を切除します。

【4】手術終了・アイシング

余分な脂肪を切除したら止血をして施術は終了です。その後は術後の腫れを最小限に抑えるため10分程度、アイスパックで患部を冷やします。

施術時間
約30分(トータル約70分:麻酔・アイシング含む)
麻酔
局所麻酔
施術中の痛みについて
麻酔によって、施術中の痛みはほとんどありません。

アフターケア・術後について

術後の痛みについて

手術後2~3時間で局所麻酔が切れてくるので、徐々に痛みや違和感が出てきます。術後1週間程度は強い腫れと痛みが生じる可能性があるので念のため全ての患者様に、痛み止めの内服薬を処方しております。
※痛みには個人差がありますので、ご不安な方はご相談ください。

術後の腫れについて

個人差がありますが、施術後1週間程度は強い腫れや痛みが生じる場合があります。
目を酷使することは避け適度に冷やしてください。特に手術当日から翌日は、内出血を起こしやすい時期なのでこの期間は必ず冷やしてください。また1週間程度続けていただくとより効果的です。ご自宅で冷やし方は市販のアイスパックや氷を入れたビニール袋をタオルなどに包み、患部に数分当てる方法となります。詳しくは院内にてご説明いたします。

メイク・洗顔・洗髪

施術当日から可能です。ただし、患部への過度な刺激は行わないでください。また目の中にメイクや洗顔料・シャンプーが入らないようにご注意ください。

シャワー・入浴

シャワーは当日から / 入浴は7日後以降

シャワーは当日から可能です。血行が良くなると腫れが強くなるため、入浴は7日後以降にしてください。またサウナや岩盤浴に関しては1ヵ月は入らないでください。

スポーツ

7日目以降から軽い運動は可能・激しい運動は28日目以降(様子を見ながら行ってください)

施術翌日から3日目くらいまで日常生活で生じる運動については問題ありませんが、必要以上の運動は避けてください。術後7日後以降はウォーキングなどの軽い運動は可能です。激しい運動に関しては施術後28日目以降から行ってください。いずれの場合も様子をみながら無理はせずに行ってください。

まつ毛エクステ・つけまつ毛・まつ毛パーマ・アイプチなど

1週間後から、様子をみて

術後7日後以降から可能ですが、腫れが残っている場合などはもう少し期間をあけて様子をみながら行ってください。

コンタクトの装着

1週間は装着不可/おおよそ8日後くらいから可

切開した部分は7日ぐらいで閉じるので、それ以降から可能です。施術後は患部がデリケートになっているためいつも以上にご注意ください。

マッサージ・エステ

術後2週間は患部への強い刺激は避けてください

目の周りの刺激は術後14日ぐらいは避けてください。強い刺激は痛みや腫れを増長させるほか、シワやたるみの原因となります。様子をみながら無理のない範囲で行ってください。

費用について

経結膜脂肪除去

両目 300,000円(消費税別途)


※ドクターカウンセリング無料

Q&A

施術時間はどれくらいかかりますか?
施術時間は両目で約30分です。麻酔や冷却の時間を含めるとトータルで70分ぐらいです。
痛みや腫れはどれくらいありますか?
麻酔をしっかりとするため、施術中の痛みはほとんどありませんが、術後麻酔が切れてくると軽い痛みが生じてきます。その後、1週間程度は強い腫れと痛みが生じる可能性があります。いずれも個人差があります。ご不明なことがあればクリニックへご相談ください。
何歳から施術ができますか?
健康な成人の方であれば何歳でも施術可能です。特に現代ではスマホ等の影響で眼精疲労が悪化し、年齢がお若くても目の下の膨らみが強い方がいらっしゃいます。まずはカウンセリングにてご相談ください。
目の下の膨らみの状態が日によって変わるのですが施術したほうがいいですか?
健康状態・血行・眼精疲労の度合いによって目の下のふくらみは変化することがありますが、いずれにせよ膨らんでしまったものは元には戻らず悪化していきます。症状が軽いうちに治療を受けていただくことをおすすめします。
高齢のため目の下のたるみが酷いのですが、施術可能ですか?
眼窩脂肪が原因で目の下がたるんでいる場合はもちろん施術可能です。ただし、たるみの程度が強い場合、余分な脂肪を除去することで膨らみは取れますが、皮膚のたるみや小ジワが残ることがあります。その場合は余分な皮膚を取り除く方法やしわの治療などを組み合わせていただくことで解消できます。
術後どれくらい休暇を取ればいいですか?
3日程度はお休みいただくのが理想です。あまりお時間の取れない方は片目ずつの施術も可能ですのでご相談ください。
術後のアフターケアは必要ですか?
術後はご自身で患部を冷やしていただくことをお勧めしています。どのような方法でどれくらい冷やせばよいかはクリニックでご説明いたします。

PC用サイト | スマホ用サイト